ビットコイン ノウハウ

【祝】ビットコイン・ピザとは?最初のBTC決済から学ぶべき教訓【5月22日はピザデー】

2024年4月16日

本記事は、一部「広告」を含みます。

ミヤビ
ミヤビ

ごきげんよう、ミヤビです。
BTCの含み益は「7桁」です。

ビットコインの歴史を学ぶなら、ビットコインが初めて決済された歴史的瞬間を知っておくできです。

本記事では、ビットコインと「ピザ」にまつわる歴史物語、ビットコインが初めて決済された日「ビットコイン・ピザ・デー」を解説します。

ラズロ・ハニエツ(Laszlo Hanyecz)氏は、ビットコインを初めて交換した人物と知られています。ビットコイン誕生から1年ほどの「2010年5月22日」、彼は1万BTCでピザ2枚を買いました。

現在のビットコイン価格は「1,000万円」ほどを推移。当時のピザ2枚は「約1,000億円」に相当します。

それでは「ビットコイン・ピザ」、もとい「ビットコイン・ピッツァ」から学ぶべき教訓を解説しますね。

【執筆者】ミヤビ|ビットコイン投資家 【ミヤビ:当サイトの編集長】
  • 仮想通貨歴5年
  • NFT歴3年
  • BTC含み益7桁
  • BTC積立投資
当サイトは「金融庁|暗号資産交換業者登録一覧」に登録された仮想通貨取引所を推奨します。また、当サイトの「仮想通貨」とは「暗号資産」を指し、その価値を保証するものではありません。暗号資産の注意事項は「金融庁|暗号資産の利用者のみなさまへ」をどうぞ。

ビットコイン・ピザとは?

ビットコインが初めて取引されたモノ、それは「ピザ」です。

仮想通貨と商品が初めて交換された、歴史的瞬間でもあります。

※正確には、ビットコイ決済ではありません。ピザ代を第三者にビットコインで支払い、その第三者がピザをオンライン決済しました。

ビットコイン・ピザ・デーとは?

ビットコインとピザが交換された日こそ「ビットコイン・ピザ・デー(Bitcoin Pizza Day)」と呼ばれています。

ビットコインが初めてピザに交換された「2010年5月22日」は「ビットコイン・ピザ・デー」として、記念日になっています。

多くのビットコイン愛好家がピザを楽しみ、ちょっとした「祭典」にもなっています。

ビットコイン・ピザの物語

ビットコイン・ピザ・デーの物語を理解するには、下記の登場人物をおさえましょう。

ビットコイン・ピザの主要人物

  • ラズロ・ハニエツ(Laszlo Hanyecz):フロリダ在住のプログラマー
  • ジェレミー・スターディヴァント(Jeremy Sturdivant):ロンドン在住の19歳学生
  • パパ・ジョーンズ(Papa Johns):アメリカのピザ店

ことの始まりは、2010年5月18日。ラズロは「ビットコインフォーラム」にて「10,000BTCをピザ2枚に交換してくれる人」を募集しました。

この書き込みにジェレミーは、オンライン注文できるアメリカのピザ店「パパ・ジョーンズ(Papa Johns)」を見つけ、クレジット決済でピザ2枚を注文しました。

そして、4日後の2010年5月22日、ラズロはこのピザ2枚を受けとり、ジェレミーへ10,000BTCを支払いました。

上記物語こそ、ビットコインが初めて商取引された記念すべきイベントです。つまり、ビットコインに初めて「価値」が宿った歴史的瞬間でもありました。

ビットコイン・ピザと黎明期の価格推移

後に「ビットコイン・ピザ」として歴史に刻まれることになるビットコイン黎明期の価格推移を振り返ってみましょう。

当時のBTC価格は「0.2円」

2010年当時のビットコイン価格は、1BTC =「0.225円」ほどでした。

現在でいう「ミームコイン」のような扱いですね。

ピザ2枚を「10,000BTC」で購入したので、ピザ代は「2,250円」ほどと想定されます。2010年終盤には、1BTC =「7円」を記録し、価値は30倍以上も膨れ上がりました。

ビットコインの価格推移

  • 2011年:約70円
  • 2012年:約1,000円
  • 2013年:約120,000円
  • 2014年:約40,000円
  • 2015年:約30,000円
  • 2016年:約70,000円
  • 2017年:約2,000,000円

ビットコインは、時を経て急成長しました。結果論で語るのは簡単ですが、2010年当時からビットコインを保有し続けるのは、さすがにイーロンマスクでも無理でしょう。

当時は、ビットコインの情報も少ないですし、何よりビットコインを購入できる取引所も少なかった。世間からは、ただの「博打コイン」としてしかみられていませんでした。

ビットコイン・ピザから学ぶべき教訓

それは、チャンスを掴む行動力と根気強さです。

たまに、大きな"桃"が流れてくる

人生やビジネスでは「桃太郎」をイメージすると、チャンスを掴む偉大さを理解できますよ。

おばあさんが川へ洗濯に行くと、川上から「大きな桃」がドンブラコ、ドンブラコと流れてきます。そこでおばあさんは、大きな桃をよっこいしょと拾って家に持ち帰り、桃をブった斬る。なんとまぁ、そこには可愛らしい赤ん坊が......

桃から生まれた「桃太郎」ですが、まさにこの"大きな桃" =「チャンス」だと思います。

誰もが知ってる桃太郎ですが、人生に応用してる人はあまりいません。大衆は、大きな桃 =「チャンス」と認識してないからです。

おばあさんみたく、大きな桃を拾うチャレンジャーな人は皆無です。拾う勇気さえないですし、恥ずかしいな、失敗したらどうしよう......と無意識に本能が拒絶します。

話はビットコインに戻りますが、この大きな桃こそ「ビットコイン」だったりします。桃を拾うか否かはあなた次第です。しかし、チャンスをつかんだ人は意外といます。

波乗りの重要性

波乗りの概念は、とても重要です。
投資で成果を出すには、下記が必要です。

  • ポイント①:伸びる銘柄の目利き
  • ポイント②:適切なタイミング
  • ポイント③:まとまった資金

ビッグウェーブが来る前に手放してしまったり、大波が来た後に乗ろうとする人がたくさんいます。そして乗り損ねると、次の波はしばらくこなかったりします。

つまり、静寂な大海原で虎視眈々とビッグウェーブ(大きな桃が流れてくる)を待つことができるか。そして、波が来たタイミングで、適切に波乗りできるかが重要です。

ありがたいことに、ビットコインは大波小波がたくさん来ます。もちろん「引き波」も大きいですが、過去にチャンスは何度もありましたし、これからもあります。

手放さないことも大切です

せっかく拾い上げた"大きな桃"を、気安く売ってはいけません。

なぜなら、その価値は時間と共に大成長する可能性があるからです。投資の世界では「テンバガー」と呼んだります。

おじいさんとおばあさんは、15年も桃太郎を手塩にかけました。やがて、猿・雉・犬の家来を引き連れ、鬼を成敗しに行き、金銀財宝の富をもたらしてくれました。

ビットコインも2008年のリリースから16年の時を経て、1BTC =「1,000万円」の境地に辿り着きました。将来的には「1億円」との予想も根強いです。

桃太郎は悪人だ......という屁理屈はさておき、ビットコインを長期で保有する重要性については【ガチホ】ビットコインのほったらかし投資で儲ける方法【長期保有のメリット・デメリット】をどうぞ。

ビットコインでピザを買う方法【3ステップ】

補足的に、ビットコインを使ってピザを購入する方法も解説しておきます。

ぶっちゃけ、あまり実用的ではないですが、ビットコイン決済の理解は重要です。

頭の片隅に入れておいてください。

手順①:仮想通貨取引所を開設する

仮想通貨取引所をお持ちですか?ビットコインは仮想通貨取引所の「ウォレット」で管理しまして、まだ口座をお持ちでないなら、今のうちに開設しておきましょう。

国内の人気定番な取引所は「コインチェック」です。僕も愛用しており、初心者さんでもサクッと使いこなせますよ。

詳しくは【初心者】コインチェックの始め方ガイド【愛用歴5年の僕が口座開設〜売買方法を解説】をご覧ください。

【初心者】コインチェックの始め方ガイド【愛用歴5年の僕が口座開設〜売買方法を解説】

続きを見る

手順②:ビットコインを購入する

ピザなどを購入するために、ビットコインを購入しましょう。

ビットコインとは、世界初のブロックチェーンを使ったデジタルマネーです。

仮想通貨の中でも、時価総額No.1な圧倒的王者コイン。"デジタルゴールド"としての異名を持ち、初めて仮想通貨で商取引された歴史ある通貨です。

具体的な買い方は【簡単】コインチェックで始めるビットコインの買い方【〇〇すると大損します】をどうぞ。

手順③:ビットコイン決済する

店頭で決済する場合は、ビットコイン決済用の2次元コード(QRコード)をアプリで読みとることで決済できます。

オンラインショッピングで決済する場合は、送金アドレスにビットコインを送金すればOKです。

とはいえ、お店ごとにビットコイン決済の方法は異なる場合があります。各企業のお支払い方法をご確認ください。

ピザを注文してお得にビットコインをもらう方法

bitFlyer(ビットフライヤー)では、無料でビットコインをもらえるサービスを展開してます。ビットフライヤー経由で買い物すると、代金の数%をビットコインでもらえます。

旅行、クレカ、ショッピングなど対象商品はさまざま。ピザ関係なら「ドミノピザ」「冷凍ピザ」などがあります。

ピザを食べたくなったら、ビットフライヤー経由でどうぞ。お得にビットコインをもらえるチャンスです。

bitFlyerの口座開設

  • 専用リンク:こちら(下記の招待コードを入力してください)
  • 招待コード【eg5w30jz】(1,500円相当のビットコインを🎁)

ビットコイン・ピザ・デーでよくある質問5つ

ビットコイン・ピザ・デーを祝おう

本記事では「ビットコイン・ピザ」について解説しました。

ビットコイン・ピザのまとめ

  • ビットコインで初めて商取引されたのが「ピザ」
  • 毎年5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」を祝おう
  • ビットコイン・ピザを教訓とした「ガチホ」の重要性

今回は、ビットコインにまつわる小エピソードをお話ししました。とはいえ、ビットコインの歴史を語る上では見逃せない内容なので、ぜひ知識としておさえてください。

毎年5月22日頃には、ピザ関連のニュースもチラホラ話題になります。ピザを楽しみつつ、ビットコインにも精を出してみてください。

とはいえ、ピザ箱を積み上げてもただのデブです。それは非モテなので、ピザは嗜む程度にしつつ、ビットコインを積み上げましょう。ビットコインなら「積立投資」も可能ですよ!

ビットコインを始めるならコインチェック

コインチェック

Coincheck(コインチェック)
コインチェック

公式サイト

取扱通貨 全30種類(2024年6月現在)
販売所手数料 無料(スプレッドあり)
取引所手数料 無料
入金手数料 0〜1,018円
出金手数料 407円
送金手数料 コインチェックユーザー間は無料
最低取引金額 500円
レバレッジ取引 2020年3月サービス終了
ウォレット ホットウォレット&コールドウォレット
登録番号 関東財務局長第00014号

ビットコインを始めるなら、仮想通貨歴5年の僕が愛用する「コインチェック」がおすすめ!

初心者にも使いやすいアプリが抜群、アプリダウンロード数は「国内No.1」です。(対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2023年、データ協力:AppTweak)

少額取引もできまして、ビットコインを「500円」から購入できます。信頼できるアルトコインの取り扱いも豊富なため、ぜひこの機会に仮想通貨デビューしてみてください!

口座開設
【初心者】コインチェックの始め方ガイド【愛用歴5年の僕が口座開設〜売買方法を解説】

続きを見る

先着限定
【紹介】コインチェック口座開設キャンペーン【最大1,500円相当ビットコイン】
【紹介】コインチェック口座開設キャンペーン【最大1,500円相当ビットコイン】

続きを見る

追伸

ビットコインの発行上限は2,100万枚です。
2024年現在、その「9割」は発行済みです。

BTCの将来価値は「1億円」という専門家や経営者の予想もあります。

まずは時価総額No.1なビットコインを
金融ポートフォリオにどうぞ。

あなたも、金脈の"コイン"を手にしませんか?

いま行動しなかったら
一生、政府の財布ウォレットですよ。

さぁ、進撃しましょう。
これは、あなたの"人生ストーリー"です。

  • この記事を書いた人

ミヤビ

ビットコインを愛してます|BTC含み益7桁|現在は「BTC帝国」の編集長としてWebメディア事業に携わっています。主な投資銘柄は、仮想通貨、日本株、FX。【経歴】新卒(専門:行政広報)→総合職(自治体派遣)→国家公務員→フリーランスエンジニア→投資家|ブログ、クレカ、仮想通貨ブログを運営|ビットコインを始めてみたい方にリアルな運用情報を発信します【元皇室の中の人】

-ビットコイン ノウハウ